債務整理を相談するなら弁護士か司法書士か?
債務整理を相談するなら弁護士か司法書士か?

借金問題に苦しんでいる人は多いのですが、それほど苦しむことなく借金を整理できる
ということはあまり知られていません。
多額の借金で返済に困った場合に破産する、ということは聞いたことあるでしょうが、
これも債務整理のひとつの手段です。
破産と聞くとネガティブなイメージを持たれるでしょうが、そのほとんどが間違った
イメージで作られているのです。
借金漬けで生活もままならず、という状況になっているのであれば、破産は借金問題
を解決してくれる立派な手段でしょう。
とは言え、一般の人が自分自身で債務整理の手続きをするのはほぼ不可能で、弁護士あるいは司法書士に依頼することになります。
司法書士という職業はあまり馴染みがないかもしれませんね。
司法書士とは法的分野の国家資格の一つで、主な業務としては土地・建物といった不動産の登記業務や、裁判所・法務局などに提出する書類の作成、提出などがあります。
また最近ニュースなどでよく耳にする成年後見人の登記もその一つで、現代社会において増加傾向にある痴呆や精神的疾患などにより成年後見制度を利用する人は年々増えているので、青年後見人専門の司法書士も存在します。
そして今回、このサイトで取り上げる債務整理のサポートは司法書士の業務の中でも特に需要の高い業務です。
このサイトでは借金で悩んでいる人の債務整理について詳しく説明しています。
人生の再スタートを考えている時、参考にしていただければ幸いです。

債務整理

長引く不況の煽りを受けて借金がどんどん膨らんでしまった人、
まだ限度額まで余裕があるからとついつい借金を重ねる人も多いでしょう。

ブラックリスト

債務整理を行った人はブラックリストと言われる信用情報にその記録が残る為、
5年〜10年は新たにカードを作ったり借り入れを行う事はできなくなります。

2つの違い

弁護士に依頼する、のように法律に関する相談は弁護士が引き合いに出されるケースが多いですが、司法書士も同じように法律の専門家です。

名東事務所

事務所名:司法書士名東事務所
所在地:〒465-0032 名古屋市名東区藤が丘48番地 スクエア藤ケ丘205

債務整理の方法

債務整理には自己破産、任意整理、特定調停、個人再生などの方法があります。
この中で任意整理以外の3種は裁判所に申し立てを行い手続きをする事になります。

削除される時期

事故情報が削除される正確な時期というのは機関によって違いますし、はっきりとわかるものではありません。